アラサー弱視SEが便利グッズや投資情報などを発信

視覚障がい者エンジニアの日常

視覚障がい・弱視

ネットバンキングで、銀行に行く回数を減らそう

更新日:

こんにちは。ヤゲットです。

私は、3行ほど銀行口座を保有しています。

記帳や振り込みなど銀行に行くのが常々面倒くさいと思っていました。

それが、あることをきっかけに全てネットバンキングの登録をしようと思い、登録を行ったところ、かなり便利になったので紹介したいと思います。

なお、ネットバンキングは大手の銀行なら大体あるので、具体的な銀行名は省力します。

 

スポンサーリンク

ネットバンキングの登録方法

ここでは、どこの銀行かに限らず、一般的な方法を紹介します。

1、銀行の通帳の口座番号などを用意

2、銀行のwebサイトのネットバンキング用の会員登録をする

以上の簡単な手続きで終了します。

銀行によってはワンタイムパスワードカードの発行をしないと一部の機能が制限されているところもあります。

セキュリティ面を考えてもワンタイムパスワードカードの発行は行っておきましょう。

 

これで、銀行口座の残高照会や振り込みなどの操作が自宅でいつでもできるようになりました。

 

こんな人に特にお勧め

なんでも紙で管理したいという方以外には大体お勧めできますが、

ATMが近くになくて行くのがなかなか難しい、振込手数料が気になる

という方に良いと思います。

 

また、私のような視覚障害・弱視の方はATMが見づらかったりで、振り込み操作がやりづらいと思います。

紙の銀行手帳も文字が小さく見づらいですしね。

私は、以前は振り込みなどは家族にやってもらっていました。

今は自宅でいつでも簡単にできるようになりました。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか

私は、銀行には現金を引き出す時にしか行かなくなりました。

また、ネットバンキングの設定をしておくと、自分の資産管理をしやすくなります。

今回の応用編でさらに管理しやすくなる方法があります。

そちらはまた別の記事で書きたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

-視覚障がい・弱視

Copyright© 視覚障がい者エンジニアの日常 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.